スキンケア方法の決め手は保湿にあり!

 
正しいスキンケアのやり方とは
 

 

人間は年齢と共に保湿因子が減ることで自らの角質層の力だけでは潤いが保てなくなってきます。そのために必要なのが保湿のスキンケアです。そのため、化粧品選びには保湿因子の働きを助けるものを選びましょう。その働きとは、水分を与える、水分を保持する、水分の蒸発を防ぐ、の3つです。これらの働きをする化粧品を選び、かつ正しいスキンケアを行っていく必要があります。しかし、店頭で見ただけではこれらの働きをする化粧品とそうでないものを見分けるのは難しいですよね。そんな時はアンチエイジング用の化粧品を選びましょう。それらのほとんどにはセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といったお肌に水分を与える役割を担うものが入っています。 また、水分の蒸発を防ぐのは何もクリームだけではありません。椿オイルやホホバオイル、ココナッツオイルといった誰もが聞いたことのあるものがその役目を果たしてくれますよ。

では、正しいスキンケアの方法に話を移しましょう。皆さんは洗顔の後に使うスキンケア用品の使う順番は大丈夫ですか。 ちなみに正しい順番は洗顔、化粧水、乳液、保湿クリームの順番です。化粧水や乳液を塗る時には必ずコットンを使用しましょう。全体に均等に水分を行きわたらせることが出来ます。ムラがあると一部だけ乾燥するなんてこともあるので注意しましょう。

Copyright © スキンケア方法の決め手は保湿にあり! All rights reserved.